会長の小部屋

会長が南山手の昔の話や小ネタ、山手地区に伝わる謎等を紹介

最初の話題は「南山手地区町並み保存会」とは何ぞやという話です。少しばかり堅苦しい話が続きますが、しばし我慢して読み進めてください。



前回は「南山手地区町並み保存会」について話しましたが今回は南山手が文化財指定を受ける前夜の裏話「南山手になぜ洋館が残っているのか?」です。



前回まで堅苦しい話が続きましたが、今回からは何と「南山手怪奇シリーズ3部作」です。第1作は「蝙蝠天井の怪」、身の毛もよだつ逸話をご堪能ください。



あまりの怖さに夜トイレに行けなくなった、子どもの夜泣きがとまらない等の苦情が、全く寄せられていない「南山手怪奇シリーズ3部作」、待望の第2作は「魔女の館」です。



一部マニアの間で好評を博している「南山手怪奇シリーズ」、いよいよ大団円です。待望の第3作は「南山手・魔物耐性事情」です。何かよくわからないタイトルですが、今回も心臓が凍りつくような怪奇譚です。どうぞご堪能ください。



好評のうちに終了した「南山手怪奇シリーズ」、全国から続編を望む声が多数(2件ほど)寄せられましたが、今回は「オランダ坂の謎」です。教養を高める話ですのでメモを取りながらご覧ください。



今回からは大ネタ「ロシア・シリーズ」です。謎の核心に迫る逸話から、他言無用の秘話まで各種取り揃えています。期待膨らむ第一弾「謎のロシア領土」からスタートです。



一部で好評を博している「ロシア・シリーズ」、今回は居留地ネタからは外れますが、先般凶弾に倒れた安倍晋三元首相と世界を脅かすプーチン大統領に関わる話です。



某国刺客からの毒殺や爆殺に怯えながらも、しぶとく続いている「ロシア・シリーズ」、今回は何と「白系ロシア」の話です。タイトルを見て色白のロシア美人を思い浮かべた方、まだまだですね。煩悩と闘いながらご覧ください。



愛と感動のロシア・シリーズも遂に最終話となりました。タイトルを見て、さてはKGBに拉致されて極寒のシベリア収容所から最後の更新かとほくそ笑んでいる方、残念でした。シリーズの最終の話は何と墓地の話です。おっとやっぱり遺稿だなと、早とちりせず最後までお読みください。



ロシア・シリーズ最終話、前後編としましたが前回の話をさっぱり覚えていないという素敵な記憶力をお持ちの方のためにおさらいです。「ゴルバチョフ大統領が長崎に墓参りに来たのはなぜでしょう?」どうです、1行でまとまりましたね。(長々と書いていたが1行ですむじゃないか!と突っ込んではいけません。)